大腸がん発見法と治療法をチェック【早く見つければ治る可能性大】

早期発見に越したことは無い!

生活習慣の乱れによって引き起こされる大腸がんは、早めに見つければ大事には至りませんが、ある程度症状が進行していると治療が困難になります。早期発見方法、症状がある程度進行した場合の治療法はどうなっているのでしょうか。

知っておきたい!副作用軽減対策方法

診断

生活の質を落とさず治療

抗がん剤の治療は、副作用のことがちらついてしまいます。体への負担が甚大な印象を抱きがちですが、漢方薬の利用やがん細胞の分裂分子にピンポイントに作用する薬剤の併用で副作用症状を上手く抑えられるようになっています。

READ MORE
女医

最新の療法に頼る

どうしても、副作用の症状が気になるなら最新の免疫療法と併用するのがおすすめ。あらかじめ採取した免疫細胞を培養・強化してから体内に戻す療法なので体に負担がかかりにくいです。しかし、がん細胞へのアプローチ方法が異なるため、抗がん剤治療と相性抜群なのでしょうか。

READ MORE

早期発見が鍵となる

レディ

自覚症状はありませんか?

大腸がんは、生活習慣の乱れから発症リスクが高まる病。最近になってから、体重減少・お腹の張り・腹痛と言った腹部の不調、下痢・血便・貧血などの症状を頻繁に感じるなら、一度かかりつけの医師に相談した方が良いでしょう。これらの症状は、大腸がんの初期段階に起こる症状です。大丈夫だと油断せずに検査を受ければ、早期発見の可能性が高まります。

早期発見なら完治可能!

早期発見をすれば、手術で速やかに腫瘍が取り除けるのが大腸がん。ただし、ある程度症状が進んでいるⅡ期・Ⅲ期だと、腫瘍を切除した後に再発予防のため抗がん剤を投与する流れとなります。

大腸がん向けの抗がん剤

大腸がんで使用される抗がん剤は、前まではフルオロウラシル・レボホリナートカルシウムの組み合わせが主流でしたが、これらの薬剤に加えてオキサリプラチン・イリノテカン・ベマシズマブを加えての治療が行なわれるようになっています。この組み合わせは、進行性や再発性のがんに有効なのは確かですが、副作用のリスクはそのままなので投与前に症状軽減対策が欠かせません。

広告募集中